労使紛争

2015集合写真.JPGのサムネール画像 中小企業の法律問題の中では、従業員とのトラブル、すなわち労務問題に関するご相談が最も多いです。

残業時間の問題や就業規則の不備、社員との些細なトラブルといった、一見些細なことに思われた問題が、時には労働組合を巻き込む問題に発展し、団体交渉など経営の根幹を揺るがす大問題になる可能性も十分にあります。

御社に労働組合がなくても、1人でも大手の労働組合に加入することができるようになっていますので、労働組合がなくても、そのような問題が起こり得ます。

労務トラブルは普段から事業主として問題意識を持ち、然るべき内部ルールを定め、足をすくわれないようにすることが最も効果的な対策です。

もし、内部ルールが未整備な場合は、早急に労働問題の専門家に相談し、体制を整えていくことが重要です。

また、体制が不十分なために問題が顕在化してしまった場合は、問題の所在を的確に見極め然るべき処置をし、一刻も早く前向きなテーマに取り組むことが、会社にとっても社員にとってもベストな対応になります。

労働問題についてもっとお知りになりたい方はこちら

●従業員の解雇 ●未払い残業代問題について ●労使紛争について

企業の方の法律相談はこちらから

●顧問弁護士についてはこちら
●契約書についてはこちら
●債権回収についてはこちら
●労働問題についてはこちら
●事業承継・破産についてはこちら
●企業再生についてはこちら

ImgTop4.jpg

 

kigyoubanner.gif

 

●HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●ご相談の流れ
●アクセス
●弁護士費用

Copyright (C) 2013 かばしま法律事務所 All Rights Reserved. 福岡県久留米市日吉町23-3 メディア7ビル6階
初めての方でも安心してご相談いただける地元久留米市の法律事務所です。