借家人から値下げを求められたら 

大家さんに値上げの請求が認められているように、借地借家法32条1項により家賃の増減額を請求できることになっており、借家人にも値下げの請求が認められています。
周辺の物件と比べて家賃が高い場合、借家人から請求されることがあります。

値下げ請求を受けた場合、まずは話し合いをします。

話し合いでまとまらない場合には、借家人が裁判所に調停を申し立てることになります。

家賃値下げ請求の流れ
値下げを要求
①協議
↓まとまらない
②調停
↓不成立
③裁判

法律上値下げ要求が認められるには下記の条件が必要です。
土地建物に課せられる税金(固定資産税、都市計画税など)の負担が低くなったとき、
周辺の家賃相場と比べ、家賃が高い場合
土地建物の価格が急落したとき


不動産に関してもっと知りたい方はこちらから

家賃滞納対策の流れ

保証人への請求

借家人から値下げを求められたら

少額訴訟

家賃の値上げ交渉

立ち退き・明け渡し請求の流れ

立ち退きを求められる条件

立退き料について



ImgTop4.jpg

 

kigyoubanner.gif

 

●HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●ご相談の流れ
●アクセス
●弁護士費用

Copyright (C) 2013 かばしま法律事務所 All Rights Reserved. 福岡県久留米市日吉町23-3 メディア7ビル6階
初めての方でも安心してご相談いただける地元久留米市の法律事務所です。