弁護士 三宅 賢和  Masato Miyake

miyakes.jpg

経歴

経歴
福岡県久留米市で出生
福岡県立明善高校卒業
九州大学法学部卒業
神戸大学法科大学院卒業
弁護士登録

資格

相続診断士

所属

九州弁護士会連合会 業務対策委員会

福岡県弁護士会中小企業法律支援センター委員会

福岡県弁護士会筑後部会 法律相談センター委員会

久留米商工会議所 青年部

趣味

旅行

国内、海外問わず大好きです。弁護士になって海外にあまり行けていませんが、最近は温泉によく行っています。

F1観戦

鈴鹿にはほぼ毎年行きます。いつかモナコで見てみたいです。

大相撲

佐渡ヶ嶽部屋の後援会に入っています。琴奨菊の結婚披露宴にも行ってきました。

自己紹介


事務所では、相続事案、交通事故事案、企業法務事案(特に債権回収、契約書作成)を多く取り扱っています。

相続事案では、実際に相続が発生する前の遺言書を作る段階から相続が発生して遺産分割協議をする段階まで幅広く行っています。

相続について

1 遺言書を作成する

遺言書は、単に作成すれば良いというわけではなく、相続人の財産内容、家族関係を踏まえた上で作成する必要があります。なにも考えずに作成してしまうと遺言書を作成したばっかりに、相続が発生したときに紛争になることもあります。

相続による紛争を多く知っている弁護士だからこそ、紛争をさけながらかつ遺言者の希望を叶える遺言書の作成ができます。

私も、依頼者の財産や家族関係をよく聞きして、紛争のリスクを減らした遺言書の内容を提案するようにしています。

2 遺言を執行する

相続が発生した際に、「遺言書はあるけれどどうしたら良いか分からない」「遺言執行者に指定されているけれども大変だ」ということがよくあります。

単に遺言書の内容を実行するといっても、預貯金の解約、不動産登記、関係機関への届出、相続税の納税と考えることは多くあります。私は、関係他士業の先生方とも連携を取って、遺言の執行に取り組み迅速に行うことを心がけています。

3 遺産分割をする

遺産が他の相続人によって流出している、遺産の分け方がなかなか決まらない等遺産分割に伴うもめごとは多種多様です。場合によっては、調停など裁判所を利用した解決も必要です。この場合に、証拠資料を集めたり、財産の価値を決めたりとやるべき作業も多くなります。相続案件を多く扱っている弁護士だからこそ迅速に手続きを行うことができます。

4 事業承継

 

事業を営んでいる方は、親族を後継者にする場合・親族以外を後継者にする場合どちらであっても、相続による親族間の争いのこと、税金のこと、金融機関との関係等検討することが沢山あり、早めから計画的にやる必要があります。私は、依頼者の事業内容をよく知ることで、予想される障害に対して適切な解決策をご提案したいと心がけています。また、税理士・会計士の先生と連携を取ることで、多角度からの問題点の検討を行うことができます。

久留米の皆様へのメッセージ


私は、大学までを久留米で過ごし、弁護士となって久留米に戻ってきました。
住み慣れた久留米で弁護士として働けることを大変うれしく思うとともに、「地域の方々に身近に感じてもらい相談しやすい弁護士」になれるよう日々努力をしています。そして、最近は、法律の知識を活かして久留米を活性化したいとの野望を抱き、その方法を模索しています。

その野望の一歩目として、福岡県弁護士会中小企業法律支援センターという中小企業を法的にサポートするための委員会に所属し、勉強会などの企画を行っております。また、経営者の皆様の生の声を聞きたいと考え、筑後中小企業経営者協会等に参加させていただき、経営者の皆様の考え等を拝聴させていただき、自分に何ができるか模索しています。

弁護士として心がけていることは、身近に感じてもらえるように、相談に対して分かり易く丁寧に答え、理解してもらうまで何度も説明するようにしています。また、費用についても安心して相談、依頼してもらえるよう明確に説明するようにしています。

法律問題も病気と同じで時間が経てば経つほど状況が悪化するものです。だからこそ、身近に感じていただき、なるべく早く相談にお越しいただけるように心がけるとともに、依頼を受けたら迅速に対応しなければなりません。その点については、私自身が若手ならではのフットワークの軽さがあり、迅速に対応出来ます。

他の弁護士の紹介はこちらから

■椛島 修(福岡県弁護士会所属) ■松﨑 広太郎(福岡県弁護士会所属)
■三宅 賢和(福岡県弁護士会所属) ■今村 衣里(福岡県弁護士会所属)
■竹田 寛(福岡県弁護士会所属) ■泊 祐樹(福岡県弁護士会所属)
■大野 智恵美(福岡県弁護士会所属 ■福田 康亮(福岡県弁護士会所属)
■小林 健彦(福岡県弁護士会所属) ■細田 裕司(福岡県弁護士会所属)

 

当事務所の弁護士が書いたコラムです。ぜひご覧下さい。

No
月日
弁護士コラム
15 2017年5月  魚釣り【担当:椛島 修】
14 2016年8月  事務所のみんなでラジオに出演してきました。【担当:松﨑広太郎】 
13 2016年4月  大砲ラーメンKITTE博多店のプレオープンイベントに行ってきました。【担当:泊祐樹】
12 2016年3月  みんなでマラソン大会に出場してきました。【担当:泊祐樹】
11 2016年2月  みんなでラジオに出演してきました。【担当:大野智恵美】
10 2014年4月  3月も東京行ってきました~「時そば」を考えてみました~【担当:大野 智恵美】
9 2014年3月  土曜日の取り扱いについて【担当:松﨑広太郎
8 2014年3月  弁護士に依頼するメリットとは?!【担当:小林 健彦】
7 2014年3月
 2月の関東が大雪の日に東京行ってきました~ホテルのキャンセル料について~【担当:大野 智恵美】
6 2014年1月  2011年 新年のご挨拶【担当:椛島 修】
5  2013年11月
 10月26日の土曜日に、当事務所で無料法律相談会を開催しました。
4 2013年9月  9月28日の土曜日に、当事務所で無料法律相談会を開催しました。
3 2013年9月
 一万人のそろばん総踊り【担当:竹田 寛】
2 2013年8月  もめる遺言? 【担当:三宅 賢和】 
1 2013年8月
 7月日の土曜日に、当事務所で無料法律相談会を開催しました。


ImgTop4.jpg

 

kigyoubanner.gif

 

●HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●ご相談の流れ
●アクセス
●弁護士費用

Copyright (C) 2013 かばしま法律事務所 All Rights Reserved. 福岡県久留米市日吉町23-3 メディア7ビル6階
初めての方でも安心してご相談いただける地元久留米市の法律事務所です。