飲酒運転をしたことで起訴されたが、執行猶予を獲得した事例

事案の概要

30年前に飲酒運転して人身事故を起こした前科があったところ、今回、飲酒運転をし、逮捕され、起訴された事案。

結果

 懲役6か月、執行猶予の2年の判決となった。

 

解決のポイント・解決までの流れ

今回は、飲酒してすぐの運転だったため、血中濃度がかなり高めであり、以前にも飲酒運転及び人身事故の前科があったが、飲酒した後にたまたま運転してしまったこと、深く反省していること、前科も30年前のことであり、この30年間は何らの前科・前歴がないこと、現在は、仕事をし、送迎や監督をしてくれる家族がいることなどを主張・立証し、執行猶予付きの判決を獲得した。
 

解決までの期間

受任から判決まで2か月

 

当事者の感想・様子

執行猶予付きの判決となり、お客様には概ね満足していただけたようです。

担当弁護士からのメッセージ

刑事事件は、たとえ犯行を認めている場合であっても、その人ごとに犯行態様・動機や前科・前歴、現在の家族関係や生活状況が異なり、それらの事情により、量刑や執行猶予の有無に違いがでてきます。

 

また、起訴されれば、裁判の日程が決まり、裁判に向けて準備をする必要があります。 裁判所から起訴状が届いた方は、刑事裁判の見通しやその事件における有利な情状のポイントなど、是非一度、専門家である弁護士にご相談ください。

その他の解決事例はこちらからご覧下さい。


No
解決事例の内容
1
 早期に示談を成立させ、不起訴処分に終わった事例
2
 保釈の申立を行い、早期に身体を解放させた事例
3  道路交通法違反(酒気帯び運転)の刑事裁判で執行猶予判決を獲得した事例
4  起訴された被害額が150万円を超える業務上横領事件において、執行猶予判決をとる
 ことが出来た事例

5  勾留満期前に保釈され、不起訴処分となった事例
6  飲酒運転をしたことで起訴されたが、執行猶予を獲得した事例
7  万引きを繰り返した少年が逮捕されたが観護措置をとらせなかった事例

ImgTop4.jpg

 

kigyoubanner.gif

 

●HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●ご相談の流れ
●アクセス
●弁護士費用

久留米市の無料法律相談のご予約
メールでのお問い合わせはこちら
推薦者の声
お客様の声

離婚相談表.png

 

相続相談表.png

koutsujikobana-.png

セミナーバナー.png

Contentsmenu

Access map
Google+

対応地域

福岡県

福岡市、久留米市、小郡市、朝倉市、筑後市、大川市、うきは市、三潴郡大木町、八女市、八女郡広川町、三井郡大刀洗町

佐賀県

鳥栖市、神埼市、三養基郡みやき町
 
Copyright (C) 2013 かばしま法律事務所 All Rights Reserved. 福岡県久留米市日吉町23-3 メディア7ビル6階
初めての方でも安心してご相談いただける地元久留米市の法律事務所です。