初回相談から約1ヶ月半で遺産の不動産を取得できた事例

事案の概要

被相続人は父。共同相続人は、母、本人、兄弟2人。遺産は、現金、不動産等。不動産を売却することなく、母に継続して使用させる内容での遺産分割協議を早期に行うことが求められた事案。
 

結果

父の遺産を母が一切相続せず、本人が遺産の不動産を取得する代わりに、母を扶養し、兄弟へ代償金を支払う旨の遺産分割協議が成立した。
 

解決のポイント・解決までの流れ

代償金額を判断するための不動産の評価を慎重に行い、遺恨がないように遺産の範囲や金額を詳しく説明した。不動産の所有移転登記が確実に行われるように、遺産分割協議書の推敲を何度も行った。遺産分割協議の方法も当事者の希望を考慮して工夫した。

解決までの期間

初回相談から約1ヶ月半

当事者の感想・様子

不動産を売却することなく取得できた点については、満足されたようである。

担当弁護士からのメッセージ

遺産分割は、共同相続人間でもめることで、調停することになるなど早期に解決できない場合も多々あるが、本事案は、高齢の相続人が遺産の不動産に継続して居住できるように改良工事を行う必要があったことから早期に終結できるように配慮した。当事者間だけでは、様々思いや感情が交錯し、分割協議がまとまらないこともあるが弁護士の介入が早期解決への一助となるものと考える。

 

その他の解決事例はこちらからご覧下さい。

No
解決事例の内容
1
 父の死亡後、父と前妻との間に子どもがいたことが判明した事例
2
 兄が弟に対し遺留分減殺請求を行った事例
3
 兄弟間で遺産分割の協議が整わないため遺産分割調停申立をした事例
4
 相続人である兄弟のうち一人・Aが、一時的に相続人代表としてA名義で受領していただけの預金を、その後ほかの兄弟に遺産分割で分配しなかった事例
5
 遺言の作成を行った事例
6
 遺言書の検認を行った事例
7  生存不明者及び住所不明者を含む12人の相続人に遺産を分割した事例
 初回相談から約1ヶ月半で遺産の不動産を取得できた事例
 相続人が多数の県にわたって生活している場合に全員分の相続放棄手続の代行を行った
10  凍結された預金口座から被相続人の預金を引き出すため、所在不明の兄姉の所在調査、遺言書検認手続を代行した事例

ImgTop4.jpg

 

kigyoubanner.gif

 

●HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●ご相談の流れ
●アクセス
●弁護士費用

久留米市の無料法律相談のご予約
メールでのお問い合わせはこちら
推薦者の声
お客様の声

離婚相談表.png

 

相続相談表.png

koutsujikobana-.png

Contentsmenu

Access map
Google+
Copyright (C) 2013 かばしま法律事務所 All Rights Reserved. 福岡県久留米市日吉町23-3 メディア7ビル6階
初めての方でも安心してご相談いただける地元久留米市の法律事務所です。