自己破産とは?

自己破産とは、多額の借金の支払い義務を免除してもらう手続きのことです。

自己破産の手続きは裁判所が中心となり、多額の借金を抱えた人の自宅をはじめと する全財産を、債権者に公平に分配し、自己破産者の借金を0にすることで自己破産者に生活の再建を建て直すとともに、人生のやり直しの機会を与えるという、国が法律で認めた救済方法です。

自己破産のメリット・デメリット

「自己破産」と聞くと、一般的にマイナスなイメージをお持ちになられるかも知れません。しかし、自己破産をすることは一般的に思われているほどデメリットは少ないのです。

下記に自己破産のメリット・デメリットをまとめましたのでご参照下さい。

自己破産のメリット 自己破産のデメリット
1.返済をしなければならないという精神的な負担から開放されます。
2.自己破産をすることで、借金・保証人義務など支払い義務を全て免れることができます。
※税金、国民健康保険などは対象外になります。
3.保有している財産の中でも、一般的な家具・家電、購入から年数が経過した自動車など、財産としての価値が高くないものに関しては保有し続けることができます。
1.官報に掲載される。
2.7年間くらいクレジットカードでお金を借りることやクレジットカードで買い物をすることができなくなる。
3.破産手続き終了まで特定の仕事(例:警備員、保険の外交など)を勤めることができなくなる。

自己破産の手続きには、管財事件と同時破産廃止事件があります。この2つの事件の違いは、めぼしい財産の有無によって決定するのですが、時価換算すると約60万円以下であれば、同時廃止事件にしている傾向があります。2つの事件の手続きは異なっているため下記にご説明させていただきます。

破産の流れ(同時破産廃止事件の場合)

1.弁護士が債権者に受任通知を発送します。

通知が届けば、債権者の支払い請求が止まります。  

yajirushi.png

2.裁判所へ申立

弁護士と相談しながら申立書を作成して裁判所へ提出致します。またその際、申立書を裏付ける資料を集めて合わせて提出することが必要になります。

yajirushi.png

3.破産手続きの開始決定、同時廃止決定

申立人が支払不能の状態であるかなど裁判所が確認を行なってから、破産手続きの開始を決定致します。裁判官から質問を受ける審尋(しんじん)という手続きが行なわれることがありますが、この審尋には弁護士も同席することができます。

yajirushi.png

4.免責手続

債権者の意見を踏まえ、裁判所が申立人の負債の支払い義務を免除するかどうか判断致します。免責不許可事由の有無を裁判官から個別に質問される手続きが行なわれることもありますが、複数人の破産者を一括して短時間で対応するケースが多く、よほどの事情が無い限り、免責が認められないことはありません。
※同時廃止事件の場合、申立から免責決定までの期間は4~6ヶ月になります。
※破産手続き開始と免責決定については、官報に掲載が行なわれます。

破産の流れ(管財事件の場合)

破産手続きの流れは上記1の債権者への受任通知、2の裁判所への申立、3の破産手続の開始決定までの手続は同時破産廃止の場合とほとんど同じです。ただ、管財事件の場合は裁判所によって管財人が選任されます。

4.破産管財人による換価と債権調査

破産管財人は破産者の資産を換価し、債権者に債権額に応じて公平に分配を実施します。定期的に裁判所において債権者集会が行なわれ、債権者に対して情報提供が行なわれます。申立人は破産管財人の業務に協力する義務がありますので、債権者集会にも出席しなければなりません。

yajirushi.png

5.免責手続き

債権者や破産管財人の意見を踏まえ、裁判所が申立人の負債の支払い義務を免除するかどうか判断致します。免責不許可事由の有無を確かめるために改めて審尋することもありますが、債権者集会などと兼ねて行なうことがほとんどです。よほどの事情が無い限り免責が不許可になることはありません。

※管財事件の場合、申し立てから免責決定までの期間は通常6ヶ月前から1年程度です。
※破産手続開始決定と免責決定については官報に掲載されます。

法律問題でお困りなら
筑後地方で最大級
30年以上の実績の
弁護士法人かばしま法律事務所へ
個人のお客様の初回相談(来所による面談)は無料です
0942-39-2024
当事務所では電話相談はできませんのでご了承ください。
お問い合わせ・面談予約はこちらから 
平日8:30~17:00