解決事例

追突事故で、早期に裁判基準の慰謝料を獲得した事例

事案の概要(担当弁護士:大野)

依頼者は、追突事故に遭い、怪我の治療を終了したが、加害者側の賠償提案の慰謝料の金額が低かったことから、裁判基準での慰謝料を求め、訴訟を提起した事案。

結果

訴訟の第1回期日前に、請求した慰謝料金額の満額(約30万円アップ)で示談できました。

解決のポイント・解決までの流れ

交通事故では、適切な賠償金額がどのくらいかが問題となるところ、早期解決を優先するか、賠償額の最大化を目指すかで方針が違ってきます。

本件では、賠償額の最大化を目指して訴訟を提起しましたが、裁判で認められる可能性が高い部分の請求であったため、訴訟の第1回の期日前に示談をすることができました。

解決までの期間

受任から示談まで約1ヶ月。

当事者の感想・様子

依頼者は、かなり早期に請求額の満額を獲得することができ、満足されていました。

担当弁護士からのメッセージ

交通事故の場合、過失割合や治療の因果関係などの争点によっては、必ずしも訴訟をした方がいいというわけではありませんので、方針については、一度、弁護士にご相談ください

法律問題でお困りなら
筑後地方で最大級
30年以上の実績の
弁護士法人かばしま法律事務所へ
個人のお客様の初回相談(来所による面談)は無料です
0942-39-2024
当事務所では電話相談はできませんのでご了承ください。
お問い合わせ・面談予約はこちらから 
平日8:30~17:00