未払い残業代問題

DSC_0122.jpg未払い残業(いわゆるサービス残業)は、労働基準法で定められた残業代を支払わずに、従業員に残業をさせることです。

ほとんどの企業ではこのような実態があることは否定できないと思いますが、雇用主がサービス残業の実態を知っていながら、この状況を放置することは労働基準法に違法する行為になります。

もし、従業員が労働基準監督署に申告するなどサービス残業の実態が発覚してしまいますと、労働基準監督署の調査が入ります。そして、是正勧告という名称の書類を渡されることになります。

是正勧告は、違法な勤務実態の是正を求める労働基準監督署からの警告書になります。是正勧告に従って、早期に勤務体制の是正を実施して労働基準監督署に報告を行わなかった場合、労働基準監督署から悪質な事案とみなされ、一定の処分を受ける可能性があります。

仮に労基法違反の疑いで検察庁へ書類送検された場合、最悪の場合では労働基準法違反で法人や代表者が罰せられ、それが新聞などで報道されるケースもあるのです。これまでには、賃金不払残業に対する是正勧告を軽視したために、ある上場企業が数億円、数十億円支払ったケースもあります。

未払い残業代問題で心当りのある方は、労働問題に詳しい弁護士にご相談下さい。

法律問題でお困りなら
筑後地方で最大級
30年以上の実績の
弁護士法人かばしま法律事務所へ
個人のお客様の初回相談(来所による面談)は無料です
0942-39-2024
当事務所では電話相談はできませんのでご了承ください。
お問い合わせ・面談予約はこちらから 
平日8:30~17:00