事業承継

事業承継とは?

DSC_0096.jpg事業承継とは、会社の経営者がオーナー経営者であった場合に、そのオーナーの引退の際に、後任者、例えば息子などに経営権を継がせることを言います。

よく事業承継において問題になりご相談を頂くことは、「どのような形で事業を継がせれば良いのですか?」というお悩みになられることが多いです。

昨今では、ビジネスの環境も非常にスピーディーに変化が起こっていますので、ビジネス環境も一瞬で変わっていきます。

例えば、現在は中小企業といえど、国内企業だけを相手に業務を進めていくことは難しく、中国や東南アジアといった新興国に生産の拠点を作る、下請け業者を模索するなど、グローバル化が一層進行しています。

また、経営の効率化を図るべく、企業の再編が各企業によって行なわれております。大企業の傘下に収まるのか、あるいは地域密着型できめ細かいサービス展開をして生き残るのかという選択をしなければならない状況に立たされているケースも少なくありません。

このように、様々な選択肢を考えながら後継者への事業承継を行って行くことが必要になります。

後継者への株式の譲渡、土地の譲渡、また譲渡に際しての遺言書の作成など、そろそろ事業承継も考えなければならないとお悩みになられている方は、お一人でお悩みになられるのではなく、事業承継の専門家にご相談されることをお勧めいたします。

法律問題でお困りなら
筑後地方で最大級
30年以上の実績の
弁護士法人かばしま法律事務所へ
個人のお客様の初回相談(来所による面談)は無料です
0942-39-2024
当事務所では電話相談はできませんのでご了承ください。
お問い合わせ・面談予約はこちらから 
平日8:30~17:00