解決事例

夫との生活が生理的に無理になったため、別居し、親権と養育費、財産分与等を取り決めて、離婚が成立した事例

事案の概要(担当弁護士:大野) 結婚して10年以上の夫婦で、夫との生活が生理的に困難になったため、別居を開始し、妻(依頼者)が、夫に対し、離婚と親権、財産分与を求めた事案。 結果 子どもの親権者を母親とし、養育費として1人当たり月額4万円、別居時の財産の2分の1を分けること、面会交流を月1回程度実施するという内容の協議離婚が成立しました。 解決のポイント・解決までの流れ 性格や価続きを読む >>

不貞行為を行い、不貞相手との間に子どもを作った夫から、慰謝料と財産分与を併せて、700万円の支払いを獲得した事例

事案の概要(担当弁護士:大野) 結婚して20年以上の夫婦で、夫が不貞行為を行い、相手の女性を妊娠させたことから、妻(依頼者)は、子どもを連れて、別居を開始し、夫に対し、離婚と親権、財産分与、慰謝料の支払いを求めた事案。 結果 子どもの親権者を母親とし、慰謝料と財産分与を併せて、夫が妻に対して、700万円を一括で支払うという内容の調停離婚が成立しました。 解決のポイント・解決までの流続きを読む >>

自衛隊員である夫と,専業主婦である妻との関係が悪化している夫婦の間に弁護士が入ったことで,養育費・財産分与・慰謝料の金額が決まり,早期に協議離婚が成立した事例

事案の概要(担当弁護士:竹田) 結婚後,子供が生まれたが,妻(30代。専業主婦)が,夫(30代。自衛隊員)からモラルハラスメントを受けたと主張して,関東の実家に戻り,その後,夫に対して離婚するように求めてきた。 夫としては,離婚すること・子供の親権者を妻側にすることに争いはなかったが,妻側から,高額な養育費・財産分与・慰謝料を求められていたため,協議が整わない状態が長期化していた。続きを読む >>

追突事故で、早期に裁判基準の慰謝料を獲得した事例

事案の概要(担当弁護士:大野) 依頼者は、追突事故に遭い、怪我の治療を終了したが、加害者側の賠償提案の慰謝料の金額が低かったことから、裁判基準での慰謝料を求め、訴訟を提起した事案。 結果 訴訟の第1回期日前に、請求した慰謝料金額の満額(約30万円アップ)で示談できました。 解決のポイント・解決までの流れ 交通事故では、適切な賠償金額がどのくらいかが問題となるところ、早期解決を優先続きを読む >>

以前、交際していた男性の元妻から慰謝料300万円を請求されたが、200万円減額できた事例

事案の概要 依頼者が既婚者の男性と交際していたところ、男性の妻に交際が発覚し、男性との交際を終了したが、その後、男性と妻が離婚し、男性の元妻から慰謝料300万円を請求された事案。 結果 依頼者が元妻に対し、解決金100万円を支払うことで示談が成立しました。 解決のポイント・解決までの流れ 元妻は、不貞行為によって離婚に至ったと主張していましたが、交際する前から夫婦の関係が破綻して続きを読む >>

裁判で威圧的な言動をする夫との離婚が認められた事例(別居期間3年)

事案の概要(担当弁護士:大野) 結婚後、夫(40代前半)が威圧的な言動をし、生活費を十分に渡さない上、育児や家事にも協力しなかったことから、妻(依頼者・30代後半)は、ストレスで体調を崩したことから、夫に対し、離婚と親権、養育費を求めた事案。 結果 子ども(3歳)の親権者を妻として離婚すること、養育費として子どもが20歳になるまで月3万円を支払うことが裁判で認められました。 解決の続きを読む >>

トラックと自動車(無保険)が衝突した交通事故で、無保険の相手方から物損の賠償金を回収した事例

 事案の概要(担当弁護士:大野) 道路を直進していたトラック(依頼者)と道路横の駐車場スペースから出てきた自動車(相手方・無保険)が衝突した交通事故で、無保険の相手方から物損の賠償を得た事案。 結果 判例タイムズによる基本の過失割合は、直進車(依頼者)20対道路外から道路に進入する左折車(相手方)80でしたが、交渉により、依頼者15対相手方85で示談を成立させました。 また、双方の続きを読む >>

夫が妻に暴言を吐いて、妻を自宅から追い出し、精神的に追い詰めたことにつき、裁判所で離婚と慰謝料が認められ、全額回収できた事例。

事案の概要(担当弁護士:大野) 夫(50代)が退職後、専業主婦の妻(50代)に対して暴言を吐くようになり、妻は、夫から自宅を追い出されて実家へ帰った後、精神的に不安定になり、入院していたところ、夫が離婚と慰謝料等を求めて調停を申し立てた。調停が不成立になった後、妻(依頼者)が、夫に対し、裁判で離婚と慰謝料、財産分与、年金分割を求めた事案。 結果 夫の言動により、婚姻関係が破綻したとい続きを読む >>

妻が、暴言など威圧的な態度の夫に対し、離婚を求め、裁判で離婚と妻が自宅を取得し、夫が自宅から退去する内容の和解が成立した事例

 事案の概要(担当弁護士:大野) 夫(60代)と妻(60代・依頼者)は、自宅兼店舗で自営業をしていたが、長年に渡り、夫が妻に対し暴言を吐くなど威圧的な態度を取り、数年前からまともに働かなくなったことから、妻が自宅を出て別居を開始し、夫に対し、離婚と財産分与を求め、離婚調停を申し立て、夫が離婚を拒否したことから、離婚と財産分与を求めて離婚訴訟を提起した事案。  結果 夫が離婚に応じ、財産分与に続きを読む >>

相手方の保険会社と交渉し,家事手伝いに休業損害を認めさせた事例

事案の概要:担当弁護士 寺川 依頼者は30代の女性,家事手伝い,父母,弟と同居。交差点での衝突事故で,全治2か月の頸椎捻挫(むち打ち症)となった事案。事故による後遺症はなかったが,首に痛みあったことから2ヶ月間ほぼ毎日通院治療して,家事に支障が生じていた。 結果 加害者の保険会社は当初休業損害を認めなかったが,弁護士が家事に対する休業損害が生じていると交渉した結果,約35万円の休業損害の支払続きを読む >>

法律問題でお困りなら
筑後地方で最大級
30年以上の実績の
弁護士法人かばしま法律事務所へ
個人のお客様の初回相談(来所による面談)は無料です
0942-39-2024
当事務所では電話相談はできませんのでご了承ください。
お問い合わせ・面談予約はこちらから 
平日8:30~17:00