家賃滞納対策

家賃滞納対策の流れ

大家さんにとって頭を悩ませる問題の一つに借家人の家賃不払い問題があります。
「何度も家賃を払うよう言っているが、一向に払ってくれない」というご相談をよくいただきます。

家賃を払わない借家人に対しては

1.未払い家賃の請求
2.家賃不払いによる契約解除及び、立ち退き・明け渡し請求をすることが考えられます。

1ヶ月程度の滞納の場合、いきなり契約を解除し、明け渡し請求をするのは難しいです。
まずは、内容証明郵便で家賃の支払いを求めましょう。

それでも払ってくれない場合には、契約を解除し、明渡し請求をすることが考えられます。
賃貸借契約は貸し手と借り手の信頼関係の問題もあるので、単純に何ヶ月滞納していれば解除できますという説明は難しいですが、実務上、3ヶ月~6ヶ月程度の滞納があれば、解除は有効と認められることが多いようです。

詳しくは、下記のフロー図をご参考下さい。

 

 

法律問題でお困りなら
筑後地方で最大級
30年以上の実績の
弁護士法人かばしま法律事務所へ
個人のお客様の初回相談(来所による面談)は無料です
0942-39-2024
当事務所では電話相談はできませんのでご了承ください。
お問い合わせ・面談予約はこちらから 
平日8:30~17:00