自衛隊の離婚について

自衛隊の方の離婚に関して法律上特別な規定があるわけではありません
しかしながら、自衛隊の方の離婚は以下の点で一般の離婚と比べて特殊なところがあります。

1)退職時期が早い

自衛隊の方は退職の時期が早いです(階級により異なりますが,53歳~55歳で退職となります。)
退職をした場合には,退職金が通常支給されます。

退職金は,実際に支給された場合でなくとも,間近いときに確実に支払われる蓋然性が認められる場合には,財産分与の対象になります。

自衛隊員の退職時期の早さは,退職金が財産分与として認められやすいということを意味するといえます。

2)単身赴任が多い

自衛隊の方は,各地域の部隊に配置されることが多く,転勤に伴い単身赴任も多いです。
転勤が多いと,それだけ夫婦の財産関係がどの程度存在するのを把握することが難しくなります。
そのため,離婚をする際には、家族にどの程度資産があるのかを事前に調査する必要が高いのです。

上記のように,自衛隊の方の離婚は,その職業上の特色から,いくつか一般の離婚の場合と比べて気をつけなければならない点があります。

もし,離婚を検討している自衛隊の方あるいは自衛隊員を配偶者に持つ方がいらっしゃれば,一度専門家へご相談されることをお勧めしています。

離婚問題を弁護士に相談するメリット

 

法律問題でお困りなら
筑後地方で最大級
30年以上の実績の
弁護士法人かばしま法律事務所へ
個人のお客様の初回相談(来所による面談)は無料です
0942-39-2024
当事務所では電話相談はできませんのでご了承ください。
お問い合わせ・面談予約はこちらから 
平日8:30~17:00