不動産に関してもっと知りたい方はこちらから

家賃滞納対策の流れ

保証人への請求

借家人から値下げを求められたら

少額訴訟

家賃の値上げ交渉

立ち退き・明け渡し請求の流れ

立ち退きを求められる条件

立退き料について



保証人への請求
 

契約時に立てた借家人の保証人は、借家人が家賃を支払わない場合には、大家さんに対して、家賃を支払う義務を負います。

すなわち、借家人が家賃を支払ってくれない場合には、大家さんは、保証人に対して滞納家賃を請求することができるのです。

1-3.jpg

契約時には、必ず保証人を付けるようにしましょう。

ちなみに、保証人には単純な「保証人」と「連帯保証人」という種類があります。
単なる「保証人」は、「まず本人に請求して下さい」と言う権利があり、いわば二次的な責任ですが、連帯保証人は、本人と全く同じ順位で責任を負うという点で違いがあります。

連帯保証人の方が、保証人にとって負担が重い反面、大家さん側にとってはメリットが大きいです。
また、契約書に署名してもらう際、本人の自署をもらっていないと、後から契約書の内容に同意していない、などと言われてトラブルになるかもしれません。保証人からも、必ず自署してもらいましょう。

保証人がいないという場合には、保証会社の保証を受けられることを条件にすることもできます。
もっとも、保証人は滞納家賃などを借家人に代わって弁済する義務がありますが、立退き・明渡しは原則として借家人にしかできません(保証人は、明け渡しまでの損害賠償義務を負担することになります)。

契約時のポイント

1. 保証人は必ず連帯保証人にしましょう。
2. 契約書には保証人本人に自署してもらいましょう。

ImgTop4.jpg

 

kigyoubanner.gif

 

●HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●ご相談の流れ
●アクセス
●弁護士費用

Copyright (C) 2013 かばしま法律事務所 All Rights Reserved. 福岡県久留米市日吉町23-3 メディア7ビル6階
初めての方でも安心してご相談いただける地元久留米市の法律事務所です。