逮捕から勾留までの流れ

DSC_0018.jpg

逮捕は、犯罪をしたと疑われる人(被疑者)の身柄を拘束する強制処分です。

 

逮捕には、3つのパターンがあります。
①現行犯逮捕
②通常逮捕
③緊急逮捕

逮捕した後、警察は48時間以内に検察官に被疑者の身柄を引き渡します。そして、検察官は24時間以内に被疑者を勾留を請求するか、釈放するかどうかを決めます。

以下では、逮捕の3パターンについて個別にご説明致します。

 

①現行犯逮捕

目の前で犯罪が行なわれている場合、警察官でなく、逮捕状がなかった場合でも、その場で逮捕することが可能です。一般の方が現行犯逮捕をした場合は、警察あるいは検察庁に連絡すれば、駆けつけた警察官が被疑者の身柄を拘束します。

 

②通常逮捕

警察や検察が裁判官が発する逮捕状を先に取得し、被疑者を逮捕することです。

 

③緊急逮捕

緊急逮捕とは、窃盗などの刑期が3年以上の重い犯罪をした場合に用いられ、急を要するためにまず被疑者を逮捕し、被疑者を確保した後に逮捕状を求めるという手続きになります。

また、逮捕をする人は下記の3パターンがありますが、逮捕する人によってその後の対応が異なります。

 

逮捕する人のパターン

①警察官(麻薬取締官など司法警察員も含む)
②検察官・検察事務官
③私人(一般人)

 

・警察官(麻薬取締官など司法警察員も含む)が逮捕する場合

原則として、被疑者を逮捕したときから48時間以内に被疑者を釈放するか、被疑者の身柄を検察官に引き渡す(送検)かを判断しなければなりません。

 

・警察官が被疑者を送検した場合

警察から検察に被疑者が引き渡された後、検察官は被疑者受取から24時間以内、ならびに被疑者を逮捕してから72時間以内に勾留請求をしなければ、被疑者を釈放しなければなりません。

・検察官・検察事務官が逮捕する場合

原則として、被疑者を逮捕したときから48時間以内に勾留請求をしなければ、被疑者を釈放しなければなりません。

刑事事件についてもっとお知りになりたい方はこちら

●刑事事件について
ご家族の方の心構え
●弁護士に依頼するメリット
刑事事件で弁護士ができること
●逮捕から勾留までの流れ ●国選弁護人と私選弁護人の違い

個人の方の法律相談はこちらから

●離婚問題でお悩みの方はこちら
●遺言・相続問題でお悩みの方はこちら
●借金問題でお悩みの方はこちら
●刑事事件でお悩みの方はこちら

ImgTop4.jpg

 

kigyoubanner.gif

 

●HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●ご相談の流れ
●アクセス
●弁護士費用

Copyright (C) 2013 かばしま法律事務所 All Rights Reserved. 福岡県久留米市日吉町23-3 メディア7ビル6階
初めての方でも安心してご相談いただける地元久留米市の法律事務所です。