解決事例

無保険の相手方に訴訟提起した直後に当方の提案に添う内容の和解できた事例

事案の概要

依頼者のバイクが直進していたところ、対向車線の相手方車両が急に右折し、依頼者バイクと衝突した。依頼者の怪我はさほど重くなかったが、バイクは廃車になり、ヘルメット、衣服等も損傷したため、相手方へ物的損害の賠償を請求した事案。

結果

過失割合は、依頼者が2割、相手方が8割、損害額は、バイクの時価額、ヘルメットや衣服等購入価格の10%、レッカー費用、バイクの買替費用など当方の主張に添う内容での和解が成立した。

解決のポイント・解決までの流れ

相手方は物損の任意保険に未加入であったため、保険会社ではなく相手方本人と交渉をした。
当初、相手方は過失割合を5:5と主張し、バイクの時価額である30万円について15万円しか支払わないと争った。裁判外で交渉を行ったが、損害額について折り合わなかったため、訴訟を提起したところ、相手方が、当方の主張に添う内容での和解に応じた。

 

解決までの期間

受任から示談まで、約5ヶ月。

 

当事者の感想・様子

過失割合ではやや譲歩したが、損害額は、ほぼ当方の主張どおりであり、一括で和解金が得られたのでおおむね満足されたようである。

 

担当弁護士からのメッセージ

相手方が任意保険未加入であったため、交渉が難航し、回収可能性も低いと予想される事案であったが、粘り強く交渉し、訴訟提起したため、訴訟追行を負担に感じた相手方が和解に応じ、一括払で損害賠償金を得ることができた。請求根拠を示して相手方を説得し、訴訟を提起することでより有利な解決が得られることがある。
法律問題でお困りなら
筑後地方で最大級
30年以上の実績の
弁護士法人かばしま法律事務所へ
個人のお客様の初回相談(来所による面談)は無料です
0942-39-2024
当事務所では電話相談はできませんのでご了承ください。
お問い合わせ・面談予約はこちらから 
平日8:30~17:00