解決事例

兄弟間で遺産分割の協議が整わないため遺産分割調停申立をした事例

居住地(市町村)  小郡市
氏名(仮名)
 Cさん
年代
 80代後半
性別
 男性
被相続人との関係  長男
争点  遺産分割調停

相談の背景

依頼者の父が亡くなり、その遺産分割をしないうちに母も亡くなったため、兄弟間の相続になった事例です。兄弟のうちの一人が遺産分割協議に応じず、脅迫的な言動をとるために分割協議が難航しました。

依頼者が当事務所の弁護士に依頼する前に遺産分割調停を申し立てていましたが、相手方らが裁判所に出頭しなかったため、依頼者は申立を取り下げていました。

 

解決方法

当事務所から、脅迫的な言動をとる兄弟に対し、受任および脅迫的言動や依頼者への連絡をされないよう要請する通知を送りました。

受任後速やかに調停申立を行い、遺産や特別受益等の確定を経て遺産分割の調停が成立しました。

受任から遺産分割調停申立まで1ヶ月。申立から調停成立まで1年1ヶ月。

当事者どうしの交渉では感情的となり、遺産分割協議が進まないというケースはよく見られます。そのような場合でも、弁護士が介入し、調停を申し立てることによって、スムーズに遺産分割が実現することがあります。

法律問題でお困りなら
筑後地方で最大級
30年以上の実績の
弁護士法人かばしま法律事務所へ
個人のお客様の初回相談(来所による面談)は無料です
0942-39-2024
当事務所では電話相談はできませんのでご了承ください。
お問い合わせ・面談予約はこちらから 
平日8:30~17:00