解決事例

初回相談から約1ヶ月半で遺産の不動産を取得できた事例

事案の概要

被相続人は父。共同相続人は、母、本人、兄弟2人。遺産は、現金、不動産等。不動産を売却することなく、母に継続して使用させる内容での遺産分割協議を早期に行うことが求められた事案。

結果

父の遺産を母が一切相続せず、本人が遺産の不動産を取得する代わりに、母を扶養し、兄弟へ代償金を支払う旨の遺産分割協議が成立した。

解決のポイント・解決までの流れ

代償金額を判断するための不動産の評価を慎重に行い、遺恨がないように遺産の範囲や金額を詳しく説明した。不動産の所有移転登記が確実に行われるように、遺産分割協議書の推敲を何度も行った。遺産分割協議の方法も当事者の希望を考慮して工夫した。

解決までの期間

初回相談から約1ヶ月半

当事者の感想・様子

不動産を売却することなく取得できた点については、満足されたようである。

担当弁護士からのメッセージ

遺産分割は、共同相続人間でもめることで、調停することになるなど早期に解決できない場合も多々あるが、本事案は、高齢の相続人が遺産の不動産に継続して居住できるように改良工事を行う必要があったことから早期に終結できるように配慮した。当事者間だけでは、様々思いや感情が交錯し、分割協議がまとまらないこともあるが弁護士の介入が早期解決への一助となるものと考える。

法律問題でお困りなら
筑後地方で最大級
30年以上の実績の
弁護士法人かばしま法律事務所へ
個人のお客様の初回相談(来所による面談)は無料です
0942-39-2024
当事務所では電話相談はできませんのでご了承ください。
お問い合わせ・面談予約はこちらから 
平日8:30~17:00