解決事例

夜間、歩行中に正面から来た自動車のサイドミラーをぶつけられ、腕を打撲した事例で、相場より高額の慰謝料を獲得できた事例

事案の概要

 

夜間、依頼者が車道と歩道の区別のない道路の端を歩行中に、正面から来た自動車(相手方)が、ドアミラーを依頼者の腕にぶつけ打撲をさせたという交通事故で、赤本(裁判基準)の別表Ⅱを上回る基準で慰謝料を獲得できた事案。

 

結果

赤本の別表Ⅱでは73万円程度となる慰謝料について、交渉によって80万円で示談を成立させました。

また、当初、依頼者にも過失があることを相手方保険会社は主張していましたが、交渉によって、依頼者側の過失は0としました。

 

解決のポイント・解決までの流れ

相手方保険会社は、当初、過失割合についても争っていましたが、過去の裁判例を示すなどして、依頼者の過失を0とする形での示談に持っていきました。

また、慰謝料額についても、軽傷の場合には別表Ⅱの基準を用いられることも多いですが、腕に直接ミラーをぶつけられ青あざができていたことに着目して、他覚所見が明らかであり、別表Ⅱの基準はふさわしくないことを主張し、別表Ⅱと別表Ⅰの中間点での示談を成立させました。

 

解決までの期間

受任から賠償金の回収まで7か月。

 

当事者の感想・様子

依頼者の過失を否定したこと、基準を上回る賠償金を回収できたことで、概ね満足していただけました。

 

担当弁護士からのメッセージ

過失割合や慰謝料額については専門的な知識を要するところが多く、保険会社から提示されてしまうと、それに納得せざるを得ないと考えてしまう方もいらっしゃると思います。

弁護士が交渉の窓口となることで、過去の裁判例等をもとに過失割合や慰謝料について妥当な解決を図ることができる可能性が高くなります。

保険会社が提示してきた過失割合や慰謝料額に疑問を感じた場合には、是非、一度弁護士にご相談ください。

 

法律問題でお困りなら
筑後地方で最大級
30年以上の実績の
弁護士法人かばしま法律事務所へ
個人のお客様の初回相談(来所による面談)は無料です
0942-39-2024
当事務所では電話相談はできませんのでご了承ください。
お問い合わせ・面談予約はこちらから 
平日8:30~17:00