離婚・男女トラブル事件 解決事例

性格が合わない夫との間で早期に協議離婚が成立した事例

事案の概要

結婚後、夫(20代)がだらしない生活をするようになり、頼み事をしてもやってくれず、育児や家事にも協力しなかったことから、妻(依頼者・20代)は、ストレスで円形脱毛症になったことから、夫に対し、離婚と親権、養育費、財産分与を求めた事案。

結果

子ども(1歳)の親権者を妻として離婚すること、養育費として子どもが20歳になるまで月3万円を支払うこと、財産分与として別居時の預貯金を折半すること、子どもの学資保険の契約名義を妻に変更すること、月に1回程度子どもと面会させることなどを取り決め、協議離婚が成立しました。

解決のポイント・解決までの流れ

夫は、普段から頼み事をしてもなかなか実行しない性格であり、離婚にも消極的であったため、当事者だけでは離婚の話し合いがなかなか進まなかったことから、ご依頼がありました。

弁護士が妻の代理人として関与したことで、夫側もようやく離婚の話し合いに真摯に対応するようになり、比較的早期に離婚を成立させることができました。

解決までの期間

受任から離婚成立まで約3ヶ月。

当事者の感想・様子

依頼者は、きちんと条件を取り決めて早期に離婚することができ、大いに満足されていました。

担当弁護士からのメッセージ(担当:大野)

今回の事案のように、相手が離婚に消極的な態度の場合など、当事者だけではなかなか話が進まないことはよくあります。そのようなときに、弁護士が一方の代理人として関与することで話が進み、早期解決につながることもよくあります。当事者同士で話し合いをしていて進め方に迷ったり、話が進まなくなった場合には、一度、弁護士にご相談ください。

法律問題でお困りなら
筑後地方で最大級
30年以上の実績の
弁護士法人かばしま法律事務所へ
個人のお客様の初回相談(来所による面談)は無料です
0942-39-2024
当事務所では電話相談はできませんのでご了承ください。
お問い合わせ・面談予約はこちらから 
平日8:30~17:00