解決事例

遠隔地に多数相続人がおり、期限まで1月しかなかった事例

事案の概要

判明しているだけでも200万円の負債があったが、相談を受けた時点で放棄の期限まで約1月、相続人が8人、うち5名は県外在住で1名は海外居住であった事案。

 

結果

弁護士が速やかに各相続人から必要書類を作成・入手したことにより、期限内に放棄の申述を行うことができ、無事受理された。

なお、放棄の期限の延伸、そのほかの方法で確実に放棄が認められる準備もした。

 

解決のポイント・解決までの流れ

弁護士に相談する前に被相続人が兄弟姉妹であったこと、債権者から送られてきた書類への対応、遠方に居住する相続人とはどのようにするのかを考慮しているうちに相続を知ってから2か月近く経過していた。弁護士に依頼することにより債権者へはしかるべき通知を行い、必要書類を速やかに収集することができた。

海外居住の相続人にも速やかに連絡をとり、放棄の手続きを進めることができた。

 

解決までの期間

受任から申述まで1か月

 

当事者の感想・様子

滞りなく、相続放棄が認められたことで満足できた。

 

担当弁護士からのメッセージ

相続放棄は期限が定められているので、速やかに行わなければなりません。期限が過ぎてしまっている場合でも、放棄が認められる場合があります。

故人に負債がある場合はなるべく早い段階で弁護士に相談してください。

 

法律問題でお困りなら
筑後地方で最大級
30年以上の実績の
弁護士法人かばしま法律事務所へ
個人のお客様の初回相談(来所による面談)は無料です
0942-39-2024
当事務所では電話相談はできませんのでご了承ください。
お問い合わせ・面談予約はこちらから 
平日8:30~17:00