解決事例

夫が不倫したことから、妻から離婚等を求め、親権者、養育費、慰謝料、財産分与を取り決め、協議離婚が成立した事例

 

事案の概要

 

夫の不倫が発覚し、夫婦が別居した後、妻(依頼者)から、離婚、親権者、養育費、慰謝料、財産分与を求めた事案。

結果

子どもの親権者を母(依頼者)として、養育費1人3万円、慰謝料200万円、財産分与100万円を合意し、協議離婚が成立し、すぐに慰謝料と財産分与の支払いをしてもらいました。

また、養育費の取り決めについて、後日、公証役場で公正証書を作成しました。

 

解決のポイント・解決までの流れ

依頼者は、相手方と直接話したくないということで、離婚やその条件の協議につき、弁護士に依頼されました。

本件の場合、ある程度、相場の金額を踏まえた条件を提示することで、比較的早期に協議離婚ができました。

また、今後の養育費の不払いに備え、依頼者の代わりに弁護士が公証役場へ行き、公正証書の作成も行いました。

 

解決までの期間

受任から協議離婚成立まで約2か月。

 

当事者の感想・様子

依頼者は、比較的早期に協議離婚ができ、満足していただきました。

 

担当弁護士からのメッセージ

今回のケースでは、ある程度、相場の金額を踏まえた条件を提示したことによって、比較的早期に相手方と合意ができました。

また、養育費や慰謝料・財産分与などを分割で支払う場合など、将来の支払いの約束については、公正証書を作成しておいた方がよいです。当事務所では、公正証書作成のみのご依頼もお受けしていますので、まずはご相談ください。

 

法律問題でお困りなら
筑後地方で最大級
30年以上の実績の
弁護士法人かばしま法律事務所へ
個人のお客様の初回相談(来所による面談)は無料です
0942-39-2024
当事務所では電話相談はできませんのでご了承ください。
お問い合わせ・面談予約はこちらから 
平日8:30~17:00