解決事例

不貞をした夫との離婚が成立し、親権と養育費、慰謝料を獲得した事例

事案の概要

夫が不貞をし、一度はやり直そうとしたが、夫が不貞相手と連絡をとり続けたため、妻(依頼者)から夫に対し、離婚、子の親権を妻とすること、養育費、慰謝料を求めた事案。

 

結果

離婚すること、子の親権者を妻とすること、養育費月額5万円、慰謝料300万円を分割で支払うとの離婚調停が成立しました。

 

解決のポイント・解決までの流れ

夫の経済状況では、慰謝料を一括で支払うことができなかったことから、分割払いとし、分割払いを怠った場合に残りを一括で支払ってもらうという条項を入れました。

 

解決までの期間

受任から調停成立まで4か月。

 

当事者の感想・様子

依頼者は、希望した金額で取り決めることができ、概ね満足していただきました。

 

担当弁護士からのメッセージ

養育費や慰謝料等につき、裁判所の手続きで取り決めておくか、公正証書を作成していれば、養育費や慰謝料等の分割払いの支払いを怠った場合に、債務者の財産を差し押さえることができます。

どのように取り決めればよいか、一度ご相談ください。

 

法律問題でお困りなら
筑後地方で最大級
30年以上の実績の
弁護士法人かばしま法律事務所へ
個人のお客様の初回相談(来所による面談)は無料です
0942-39-2024
当事務所では電話相談はできませんのでご了承ください。
お問い合わせ・面談予約はこちらから 
平日8:30~17:00